タカタ製 エアバッグ のリコール未改修車両を車検で通さない措置を開始します


ちょっときついタイトルになっておりますが、タカタ製のエアバッグのリコール修理がいまだに対象車全部に実施されていないため、国土交通省がタカタ製エアバックのリコール修理をしていない車は今年の5月より車検を通さない事を決めました。

国土交通省報道発表資料より
タカタ製エアバッグのリコール改修を促進するため、異常破裂する危険性が高い未改修車両(自動車メーカー9社、97車種、約130万台(10月末))時点については、平成30年5月より、車検で通さない措置を講じることとします。本措置の対象車両のユーザーの皆様は、車検の有効期間を待つことなく、一刻も早く改修を行って頂くようお願いします。

詳しい内容は国土交通省ホームページに記載されております。リンク張っておきます。
国土交通省HP 

もうすぐ車検が切れるのにリコール修理していない

これが一番大変なことになってしまいますよ。車検切れまじかに車検を出してエアバッグのリコール修理されていないことが発覚、そのまま車検不可になり大急ぎでディーラーさんにリコール修理をお願いしたら予約が一杯で2週間後になります。と言われる。 そのまま乗る車も無く過ごすような最悪な事態が起こってしまうかもしれません。

エアバッグのリコールはどうしてもディーラーさんへ持ち込むことになります。各ディーラーさんの対応もありますが、その日のうちにリコール修理が完了と言うのはまずありえないです。
代車が出ることもまずありません。前もってリコール修理しておかなければ大変な不自由な事になる可能性があるかもしれないという事です。

勝手にヘンな部品作っておいて修理しなければ車検とうさないぞ!なんて理不尽な話だとボクは思いますが、、異常破裂による死者が全世界で少なくとも18人を数えている現実を見て一刻も早く修理してもらいたいという事だと思います。

もう一度リコール案内のハガキの確認してみてください

リコール修理が未実施の車については何度もリコール修理の案内と言うDMがきているはずです。もう一度ご確認いただきお住まいの一番近いディーラーさんへ早めに電話してください。丁寧に対応してくれます。
ハガキがあったかわからないけどなんか心配だなーなんて方は検索用のアプリもありますので見てみてください。

「リコール情報検索」アプリ
 
メーカーの一方的な対策でディーラーさんへ電話したり、車持って行ったりとめんどくさいことばかりですが、車検取れないで車乗れないのは本当に困っちゃいますからね。
リコール対象車種でまだ修理が終わっていない方は早めに修理をした方が良いと思います!