810 ブルーバード バン ブロアモーター修理

ご購入・整備・車検のお問い合わせ

国産・新車・中古車・旧車・販売整備

TEL.026-292-4156
メールでお問合せ

20160127_115936
以前から調子が悪かった様です。ブルーバードのヒーターファン。
昭和家電の様に止まったら叩き止まったら叩きを繰り返して
なんとかのりきってきたのもいよいよ限界。とうとう回らなくなってしまった様で、お預かりしました。この時期ヒーター効かないのは地獄ですもんね。
 
20160127_115949

ファンモーターをヒーターユニットから取外し、分解してみました。
20160125_170408
止まってしまった原因はモーターのケースに取り付いている磁石が剥がれてしまったからの様です。これでは修理しようがありません。(電装屋さんにも修理不能と言われちゃいました。)
当然部品もありません。こういう時国産旧車は困っちゃいます。
部品さえあれば簡単な修理なのにっ ムキ―ッ!!

そうとも言っていられないので、流用できる現代車のブロアモーターを探します。
ポイントはモーターを本体に取り付けるプレートが金属製なこと。
810のブロアファンのプレートが金属性なので、そこになんとか流用モーターを溶接したいからです。
解体屋さんに行って何とか探してきましたよ。スバルサンバー KS4型のブロアモーターです。
20160125_135515

このモーター部分だけをプレートから切り出します。
20160125_135528
こんな感じ。

切り出したモーターを810のプレートに溶接
20160125_140628
20160125_140639
位置関係を注意しながら溶接します。
黒い丸いゴムが付いてる物がもともとの810についていたプレート。上手く合体できました。

これをユニット本体に取り付けます。
20160125_144842
20160125_144933
ファンとの隙間の問題なく、うまいこといったと思います。

後はユニットを組み立てて車体に取付け、配線をすれば問題なくヒーターも効くようになります。
ちなみにファン自体は810用を使ってます。シャフトの太さは偶然同じでした!

国産旧車は部品がないのは皆さんご存知の通り。
修理をするには何かしらの部品流用をしなければなりません。なかなか大変ですね。

にほんブログ村 車ブログ | 人気ブログランキングへ
若林 英嗣
代表取締役
代表の若林 英嗣です。2級整備士 長野市生まれ、現在は千曲市在住。父親の後を継ぎ25年間自動車整備一筋でやってまいりました。日々進化する車をとにかくわかりやすくお客様に説明し確実な整備をしていく事が自動車整備士の使命と考えております。車検・整備・販売と幅広くお客様のご要望にお応え出来るよう頑張ります。宜しくお願い致します。
駒村 達也
営業 ・サービス
営業とサービスの駒村 達也です。3級整備士 私は自動車工具に大変興味があり県外へ出かけた際は事前に工具屋さんを調べ立ち寄るくらい。特に海外メーカーに興味があり見るだけでも楽しく時間を忘れてしまうほどの工具好きです!整備の事はもちろん、新車、中古車の事も是非ご相談ください。お待ちしております。
飯島 成二
サービス
サービスの飯島 成二です。2級整備士 平成生まれですが古い車が好きで今はクラシックミニが愛車です。古い車には現代の車とは違う魅力がたくさんあります。古い車もきちんとメンテナンスすればいつまでも元気に走ってくれます。旧車整備で培った整備技術で楽しいカーライフを全力でサポートさせていただきます!20代・30代の若い世代の方も是非お気軽にご来店ください。

シェアする