タカタ製 エアバッグ のリコール未改修車両を車検で通さない措置を開始します

ご購入・整備・車検のお問い合わせ

国産・新車・中古車・旧車・販売整備

TEL.026-292-4156
メールでお問合せ


ちょっときついタイトルになっておりますが、タカタ製のエアバッグのリコール修理がいまだに対象車全部に実施されていないため、国土交通省がタカタ製エアバックのリコール修理をしていない車は今年の5月より車検を通さない事を決めました。

国土交通省報道発表資料より
タカタ製エアバッグのリコール改修を促進するため、異常破裂する危険性が高い未改修車両(自動車メーカー9社、97車種、約130万台(10月末))時点については、平成30年5月より、車検で通さない措置を講じることとします。本措置の対象車両のユーザーの皆様は、車検の有効期間を待つことなく、一刻も早く改修を行って頂くようお願いします。

詳しい内容は国土交通省ホームページに記載されております。リンク張っておきます。
国土交通省HP 

もうすぐ車検が切れるのにリコール修理していない

これが一番大変なことになってしまいますよ。車検切れまじかに車検を出してエアバッグのリコール修理されていないことが発覚、そのまま車検不可になり大急ぎでディーラーさんにリコール修理をお願いしたら予約が一杯で2週間後になります。と言われる。 そのまま乗る車も無く過ごすような最悪な事態が起こってしまうかもしれません。

エアバッグのリコールはどうしてもディーラーさんへ持ち込むことになります。各ディーラーさんの対応もありますが、その日のうちにリコール修理が完了と言うのはまずありえないです。
代車が出ることもまずありません。前もってリコール修理しておかなければ大変な不自由な事になる可能性があるかもしれないという事です。

勝手にヘンな部品作っておいて修理しなければ車検とうさないぞ!なんて理不尽な話だとボクは思いますが、、異常破裂による死者が全世界で少なくとも18人を数えている現実を見て一刻も早く修理してもらいたいという事だと思います。

もう一度リコール案内のハガキの確認してみてください

リコール修理が未実施の車については何度もリコール修理の案内と言うDMがきているはずです。もう一度ご確認いただきお住まいの一番近いディーラーさんへ早めに電話してください。丁寧に対応してくれます。
ハガキがあったかわからないけどなんか心配だなーなんて方は検索用のアプリもありますので見てみてください。

「リコール情報検索」アプリ
 
メーカーの一方的な対策でディーラーさんへ電話したり、車持って行ったりとめんどくさいことばかりですが、車検取れないで車乗れないのは本当に困っちゃいますからね。
リコール対象車種でまだ修理が終わっていない方は早めに修理をした方が良いと思います!
 

にほんブログ村 車ブログ | 人気ブログランキングへ
若林 英嗣
代表取締役
代表の若林 英嗣です。2級整備士 長野市生まれ、現在は千曲市在住。父親の後を継ぎ25年間自動車整備一筋でやってまいりました。日々進化する車をとにかくわかりやすくお客様に説明し確実な整備をしていく事が自動車整備士の使命と考えております。車検・整備・販売と幅広くお客様のご要望にお応え出来るよう頑張ります。宜しくお願い致します。
駒村 達也
営業 ・サービス
営業とサービスの駒村 達也です。3級整備士 私は自動車工具に大変興味があり県外へ出かけた際は事前に工具屋さんを調べ立ち寄るくらい。特に海外メーカーに興味があり見るだけでも楽しく時間を忘れてしまうほどの工具好きです!整備の事はもちろん、新車、中古車の事も是非ご相談ください。お待ちしております。
飯島 成二
サービス
サービスの飯島 成二です。2級整備士 平成生まれですが古い車が好きで今はクラシックミニが愛車です。古い車には現代の車とは違う魅力がたくさんあります。古い車もきちんとメンテナンスすればいつまでも元気に走ってくれます。旧車整備で培った整備技術で楽しいカーライフを全力でサポートさせていただきます!20代・30代の若い世代の方も是非お気軽にご来店ください。

シェアする