長野市 H16 トヨタ パッソ KGC10 ハブベアリング交換

ご購入・整備・車検のお問い合わせ

国産・新車・中古車・旧車・販売整備

TEL.026-292-4156
メールでお問合せ

エンジンルームから変な音がする

今回お預かりしたのはH16 105,000kmのパッソです。

エンジンルームだと思うけど何か変な音がするんだよね。とお客様からお電話です。
これだけの情報ですとなかなか不具合部分の特定ができないので、簡単な問診をします。
止まっているときですか?止まった状態でエンジンはかかっていますか?オートマはDレンジに入れているときですか?
走行中ですか?など、なるべく例を出してお客様がわかりやすい様に聞いていきます。

なかなか異音の特定は難しいです。

いろいろお話をお聞きすると走っている時だいたい40km位のスピードで音がする様だ。ということがわかりました。
次にお聞きしたのは「どんな音ですか?」ですが、これがなかなか難しい。音って人によって聞こえ方が全然違いますから。
我々整備士は長年の経験から音の種類で大体の故障個所の特定はできます。今回は グオングオン みたいな音ということでした。
この答えはかなりわかりやすかったです。90%以上ハブベアリングという部品の劣化だと確定できます。お客様にはエンジンルームから聞こえる音でしたが、実際には足廻りから出ている音だったんですね。

フロント右ハブベアリングの交換


リフトアップして右側ナックルASSYを取り外します。この部品の中心にハブベアリングが組み込まれてます。


取り外したナックルです。この中のベアリングをプレスを使って交換です。


綺麗な銀色の物がハブベアリングです。どんな物でも回転する部分にはベアリングという部品が使われております。当然すべての車にあります。ハイブリットの最新車両にも
ありますよ。何十年たってもこういう基本的な部分は変わっていないのが車です。


ベアリング交換後もとに形に組み上げていき作業は終了です。見事異音は無くなり静かになりまた!修理完了です。

最新テスターでも分からない事があります。

最近の車は診断機で車の状況が即座にわかる様になっていますが、やっぱり「音」とか「臭い」とかは人間でしかわからないと思います。
こういった所に自動車整備士の技術が必要になってくるのですね。

今回の作業は
工賃10,800円+部品4,750円 計17,015円 となっております。
この度の整備のご依頼誠に有難うございました。

にほんブログ村 車ブログ | 人気ブログランキングへ
若林 英嗣
代表取締役
代表の若林 英嗣です。2級整備士 長野市生まれ、現在は千曲市在住。父親の後を継ぎ25年間自動車整備一筋でやってまいりました。日々進化する車をとにかくわかりやすくお客様に説明し確実な整備をしていく事が自動車整備士の使命と考えております。車検・整備・販売と幅広くお客様のご要望にお応え出来るよう頑張ります。宜しくお願い致します。
駒村 達也
営業 ・サービス
営業とサービスの駒村 達也です。3級整備士 私は自動車工具に大変興味があり県外へ出かけた際は事前に工具屋さんを調べ立ち寄るくらい。特に海外メーカーに興味があり見るだけでも楽しく時間を忘れてしまうほどの工具好きです!整備の事はもちろん、新車、中古車の事も是非ご相談ください。お待ちしております。
飯島 成二
サービス
サービスの飯島 成二です。2級整備士 平成生まれですが古い車が好きで今はクラシックミニが愛車です。古い車には現代の車とは違う魅力がたくさんあります。古い車もきちんとメンテナンスすればいつまでも元気に走ってくれます。旧車整備で培った整備技術で楽しいカーライフを全力でサポートさせていただきます!20代・30代の若い世代の方も是非お気軽にご来店ください。

シェアする