長野市 ホンダ バモスHM2 フロントからキーキー音がする

ご購入・整備・車検のお問い合わせ

国産・新車・中古車・旧車・販売整備

TEL.026-292-4156
メールでお問合せ

長野市 ホンダ バモスHM2 フロントブレーキキャリパー修理 料金32,438円


フロントのブレーキ付近から走行中キーキーという音がするということでお預かりしました。ホンダ バモスです。距離は24万㎞を超えている車両ですが、大きな故障もないすごいクルマ。つい先日からフロントでキーキー音がするという事なので診てみます。

キーキー音の正体はブレーキパッドの残量不足でした


ブレーキキャリパーを分解してブレーキパッドを見てみます。確かに残量が残り少ないことがわかります。
このタイプのブレーキパッドには画像の丸印にあるようにパッド残量が少なくなると金具がブレーキローターにあたり金属同士がこすれる嫌な音 キーキー音が
出るようになっております。パッド残量不足を運転者に知らせているんですね。

本来ならこのままブレーキパッドを交換で済むはなしでしが・・・


もう一度同じ画像です。ディスクパッドは片側に同じものが2枚セットになっております。通常ですと同じ様な減り方をしていくわけですが、片方のパッドにはかなり残量が残っております。これは普通じゃありません。ただのブレーキパッドの寿命ではなかったのです。


原因はブレーキキャリパーの固着でした。ピストン部分が錆びてしまっており正常な動きができなくなってしまったため片側のパッドだけ異常に減ってしまった様です。


左が新品ピストン右が今回のピストン。相当錆びています。これではスムーズな動きもできません。

キャリパー内部の錆も綺麗に取り組み付けていきます。


最後は新品のブレーキパッドを組み、ブレーキオイルのエア抜きをして修理完了です!

ブレーキキャリパーが正常に作動していない事は乗っていてもわからないのです

今回のようにタイミングよくブレーキ残量の警告音がしたためにブレーキが正常に作動していないという緊急事態がわかったのですが、そうでなければ普段乗っていてもわからない故障が多いのが車です。点検がいかに大切なのかがわかった今回の作業でした。

今回の作業内容
フロントブレーキキャリパO/H
フロントブレーキパッド交換

工賃16,200円+部品13,330円+税2,953円 合計32,483円

この度の作業依頼誠にありがおうございました。

にほんブログ村 車ブログ | 人気ブログランキングへ
若林 英嗣
代表取締役
代表の若林 英嗣です。2級整備士 長野市生まれ、現在は千曲市在住。父親の後を継ぎ25年間自動車整備一筋でやってまいりました。日々進化する車をとにかくわかりやすくお客様に説明し確実な整備をしていく事が自動車整備士の使命と考えております。車検・整備・販売と幅広くお客様のご要望にお応え出来るよう頑張ります。宜しくお願い致します。
駒村 達也
営業 ・サービス
営業とサービスの駒村 達也です。3級整備士 私は自動車工具に大変興味があり県外へ出かけた際は事前に工具屋さんを調べ立ち寄るくらい。特に海外メーカーに興味があり見るだけでも楽しく時間を忘れてしまうほどの工具好きです!整備の事はもちろん、新車、中古車の事も是非ご相談ください。お待ちしております。
飯島 成二
サービス
サービスの飯島 成二です。2級整備士 平成生まれですが古い車が好きで今はクラシックミニが愛車です。古い車には現代の車とは違う魅力がたくさんあります。古い車もきちんとメンテナンスすればいつまでも元気に走ってくれます。旧車整備で培った整備技術で楽しいカーライフを全力でサポートさせていただきます!20代・30代の若い世代の方も是非お気軽にご来店ください。

シェアする